中学定期テスト 時事問題<2021年10月>

中学校の定期テストでよく出題される時事問題を集めました。
皆さんは何問できるかな?
全問正解をめざして、思い出してみよう!

答えは下のPDFで確認してください。

時事問題 2021年10月

1.8月末でアメリカ軍が撤退し、政権が崩壊した国はどこでしょうか。

2.1の国で新たに政権を取った組織はどこでしょうか。

3.9月におこなわれた自民党総裁選で、新しく総裁となったのは誰でしょうか。

4.3の人物は国会で内閣総理大臣に指名されましたが、第何代の総理となりましたか。

5.新内閣で新設された、経済面で海外の脅威から企業や国民を守る大臣の名称は何でしょうか。

6.9月1日から新しく創設された内閣の行政機関は何庁でしょうか。

7.年内にスマホアプリで表示される、コロナワクチン接種を証明するものは何でしょうか。

8.印刷が開始された新1万円札の肖像画に採用された人物は誰でしょうか。

9.9月24日にクアッド首脳会議が開かれましたが、参加した4つの国はどこでしょうか。

10.9月5日に2020東京パラリンピックが閉会しましたが、次回の開催地はどこでしょうか。

11.10月2日に開幕した、中東初の万博が開かれたアラブ首長国連邦の都市はどこでしょうか。

12.地球規模の気候変動を予測した真鍋淑郎氏が受賞したのはノーベル何賞でしょうか。

◆2021年時事問題解答