夏期講習+αで実力アップ<2>

7月26日(月)から研修館の夏期講習がスタートします。


研修館の夏期講習のくわしい内容はこちらから

夏期講習は、学校の休暇中におこなわれるイベントとしてだけではなく、実際に実力をつける大きなチャンスとして活用してほしい期間です。

そのためには<目的>を持って取り組んでいく必要があります。

そこで3回にわたって【夏期講習+αで実力アップ】ということで、夏期講習期間にやってほしいことを挙げていきます。

その2【毎日少しずつ!】

「夏休み最後の数日で宿題を片付けた」という話を聞きますが、たとえそれが最初から計画していた通りであっても、やはりこのやり方は感心できません。

勉強の力を最大限の伸ばす方法は、何と言っても【毎日コツコツ続ける】ことです。

特に【復習】を中心に解き直しをするという目標で夏休みの学習を進めるならば、1日で一気にまとめて終わらせるよりも、数日かけてじっくりと学習する方がより効果的だと言えます。

夏休みに継続的な学習をするためには、まず一番に【勉強ゼロの日をつくらない】ことが大切です。

「今日はできないからまた明日」と考えてしまうと、その後が続かなくなる可能性が高いので、わずかの時間でも毎日テキストを出して問題を解くようにしてください。

さらに理想の形は【できるだけ同じ時間帯に学習時間を設ける】こと。

例えば、授業のある日は塾で勉強、休みの日には同じ時間帯に自宅で勉強という形を取ってみることがお勧めです。

これが夏休み期間中継続できれば、もはや勉強の進め方に関しては怖いものなしと言っていいと思います。