夏期講習+αで実力アップ<3>

7月26日(月)から研修館の夏期講習がスタートします。


研修館の夏期講習のくわしい内容はこちらから

夏期講習は、学校の休暇中におこなわれるイベントとしてだけではなく、実際に実力をつける大きなチャンスとして活用してほしい期間です。

そのためには<目的>を持って取り組んでいく必要があります。

そこで3回にわたって【夏期講習+αで実力アップ】ということで、夏期講習期間にやってほしいことを挙げていきます。

その3【学校の宿題以外に勉強を!】

夏休みに優先的にやるべき学習内容は、やはり学校から出された宿題です。

当然のことながら、宿題は全て各教科の「提出物」となり、2学期の内申点に大きく影響するからです。

ただし「学校の宿題だけをやれば夏休みの勉強は全てOKで、実力もつく」ということにはなりません。

もちろん学校の宿題は復習の演習が中心で、毎日しっかり消化していけば力はつきますが、一人ひとりの目的ややるべき内容と必ずしも一致しているわけではありません。

やはり夏休みの学習として、学校の宿題にプラスして【自分の弱点を克服するための学習】を加えることが大切です。

この自主的な取り組みは、勉強の量を増やすだけではなく、【夏休みにやれることをした】という成功体験につながります。

 

ここまで挙げた3つの「+α」の学習は、特に目新しいものではありませんし、何か大変な準備を必要とするものでもありません。

しかし自由な時間が大きく増えるこの時期だからこそ、自主的に日々の学習をコントロールできるかは非常に大切なポイントです。

ぜひとも3つの学習方法を実行して、夏休み明けにその効果を実感してみてください!