英語の「受験勉強」学習法<その1>

音読のすすめ

“英語の受験勉強”というと、過去に出題された問題を解いたり、単語帳を作って暗記するという方法を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし英語の学習は日々の積み重ねの中から得るものが大きいのです。

そこで、受験に限らず高校進学後も役立つ、効果的な英語学習法を紹介していきたいと思います。

皆さんがまだ2~3歳の頃、どうやって言葉を覚えていったか記憶しているでしょうか。

文章を読んだり文法をマスターしてから言葉を覚えたという人はいないでしょう。

私たちは、言葉を聞き、それを口まねしながら覚えたのです。

つまり「音声」から学習していったのです。

もちろん英語の学習でも「音声」は不可欠です。

では具体的にどのような方法でやればいいのでしょう。

まず用意するのは【学校の教科書】

そこに書いている英文を1日3分、声を出して読んでください。

皆さんは目で追った文字を読み上げ、それを聞いて英語を自然に覚え込むのです。

ただし次の点だけ注意して音読してください。

1.“ゆっくりと1語ずつクリアに読む”
2.“完ぺきな発音にならなくても気にしない”

最初はかなり苦しい練習だと思いますが、1ヶ月間続けてみてください。

音読がおどろくほど上手になります

そして一番大切なのは、英文を見ると無意識に“文を読む”くせがつくこと。

これが身につけば、英語学習能力が飛躍的に伸びてくるのです。