英語の「受験勉強」学習法<その6>

ノートひとつで和訳力が上がる

今回は、学校の教科書の英文和訳学習を通して、さらに効果的な和訳学習の方法を紹介します。

参考書などを見ると、英語の例文のすぐ下にその日本語訳が書かれています。このやり方をまねて和訳ノートを作る人もいますが、どうしても下の和訳を丸覚えする勉強になってしまいがちです。

ではどうすれば、暗記にならない和訳学習ができるのでしょうか。

まず用意するのは、普通の大学ノートです。ルーズリーフはバラバラになるので、使わない方がいいです。そして左右見開きのページを開けて、次の要領でやっていきます。
1.左のページに教科書の英文を【1文1行】のペースで1行ずつあけながら書き写します。
  短い文だから1行に2文書くとか、行を詰めたりして文章が見にくくならないように注意してください。
  そしてそのページには単語の意味もできるだけ書かないようにしてください(発音はOKです)。
2.左のページ書かれた英文の行に合わせ、右ページに和訳の文を書きます。
3.和訳が完成したら、ノートを反対側に折り返します。
  すると英文だけのページと和訳だけのページになります。
  そして英文だけを見て、日本語訳が言えるか試してください。
  これを繰り返すことで、英語を見ながら日本文に直すことに慣れてくるでしょう。

できれば裏返して、日本文を見て英文が作れるようになれば、完ぺきです。