高校生必見!「解き直し」で理解力アップ!

テストや問題演習のあとで「もう一度問題を解き直しましょう」と指示されることがあります。中には「もう答えがわかっているのに、また問題を解くの?」と思ってしまう人もいるかもしれません。しかしこの【解き直し】もやり方次第で、有効な勉強になります。高校生はもちろん、中学生や小学生にも有効な学習法です。

1.【解き直し】初級──ミスをした単語・漢字・計算をやり直そう!
つづりのまちがいや、文字のまちがいをチェックして覚え直します。また計算問題は答えがわかっているので、その答えに合うようにやり直しましょう。

2.【解き直し】中級──選択問題のまちがいを探そう!
選択問題の場合、答え以外となった部分のどこに間違った内容が含まれているのかを 正解をヒントにしてさがしてみましょう。あるいは逆に正しい答えであると判断できる根拠(理由)も自分で説 明してみましょう。

3.【解き直し】上級──記述問題の答えの根拠を探し当てよう!
説明や理由を書く、あてはまる語句を書くなどの記述問題の場合、正解を見て「なぜそれが答えになるのか」のカギとなる言葉や内容を、問題文をさかのぼって読んで発見・確認してください。【問題読み取り能力】のレベルアップが図れます。