<私の入試合格作戦2020>その4

この春、見事に志望校に合格した生徒たちの合格体験を連載します。

京都府立大学 文学部 合格

Q: あなたは1日どのぐらい勉強していましたか?

A: 平日は3時間。休日は4時間。

Q: 志望大学・学部はいつ頃決定しましたか

A: 高1のときは第二志望、高3のときに第一志望に決定しました。

Q: 得意科目をどのようにさらに伸ばしましたか?

A: 得意科目は楽しく続ける。

Q: 苦手科目をどのように克服しましたか?

A: 英語は英検に積極的に挑戦して克服。数学は最後まで克服しきれなかった。

Q: 高校生活中に大変だったことはありますか? またそれをどのように乗り越えましたか?

A: 周りのほとんどが自分より学力が上の中で3年間過ごしたこと。模擬テストや定期テストで少し点数が上がると、友だちや先生が驚かれるので、それを楽しみに勉強していた。

Q: これから受験を迎える後輩たちに一言お願いします。

A: 自分が有利に戦える受験の方式を考えて受験することが大切だと思います。どの教科を武器にして戦うかを考えながら勉強するといいと思います。

先生からひと言
合格おめでとうございます。直接指導していた中で一番印象に残っていることは、英語に向かう姿勢でした。入塾当初は苦手にしていた英語ですが、中学校の復習を終えたあとの成長速度は素晴らしかったです。高校のテキストも次々に終え、英検も2級まで合格することができました。「演習量によって英語は得意科目になる」ということを証明してくれました。大学生活でもコツコツと努力する姿勢を忘れずに、様々なことに挑戦してください。これからの活躍を期待しています。 塾長より