<私の合格作戦2020>その3

この春、見事に志望校に合格した生徒たちの合格体験を連載します。

塔南高校 教育みらい科 合格

Q: あなたは1日どのぐらい勉強していましたか?

A: 平日は6時間ぐらいです。休日は8時間ぐらいです。

Q: 得意科目をどのようにさらに伸ばしましたか?

A: 私の得意科目は英語なので、長文をより速く正確に読めるように、毎日2題は入試問題の長文を読んで解きました。

Q: 苦手科目をどのように克服しましたか?

A: 苦手教科は数学なので、必ず1日1回は数学の入試問題を解くようにしました。

Q: 受験に向け、勉強の他に気を付けたことは何ですか?

A: かぜをひかないことです。いくら実力があっても体調不良ではその実力は出せないと思います。手洗い・うがいは必ずし、自分の部屋は出来るだけ清潔に保ちました。

Q: 受験勉強中、勇気づけられた言葉は何ですか?

A: ある曲の一部にある「負けないこと 投げ出さないこと 逃げ出さないこと 信じ抜くこと ダメになりそうなとき、それが一が一番大事」という言葉を胸に秘めながら勉強しました。

Q: 受験勉強中に苦しかったことはありますか? またそれをどのように乗り越えましたか?

A: 苦しかったことは、勉強をする際の精神的ストレスです。苦しい思いやしんどい思いをしているのは、私だけじゃないので、「みんなも辛い! だから私も頑張る!」という気持ちで頑張りました。また「教師になりたい!」という強い思いも支えになりました。

Q: これから受験を迎える後輩たちに一言お願いします。

A: 一番大切なことは、自分が今後どう生きたいかということだと思います。そのため、自分の夢に近づける学校がたとえ自分の学力よりも高い学校だとしても、そこで諦めないでください。努力すれば必ず報われるからです。もし、今自分の夢や目標を抱いている人は、それを大切にしてください。絶対に諦めないでください!

保護者の方から
自分なりのペースを見つけ、ストレス解消法も見つけながら、よく頑張ったと思います。何よりカゼ一つひかないで過ごせたことはとても立派だったと思います。あとは効率よい学習の仕方やポイントを先生方からアドバイスいただけ、コツコツと頑張った成果が出て嬉しいです。おめでとう。そしてありがとうございました。
先生からひと言
合格おめでとう! 最初に志望校を聞いたのが2年生の後半。そこから最後までぶれずに自分の意志を貫き通し、そしてきっちりと課題をクリアして、みごとに合格を勝ち取ったと思います。マイペースなところもありますが、「自己実現」能力の高さは本当に称賛に値するところです。次は高校の3年間で、また自分の夢の実現に向けて一歩ずつ着実に結果を出していくことでしょう。高いハードルになりますが、自分の力を信じて頑張ってください!