授業内容について

◆対象:小学1年~6年生
◆日数:週1日~週4日(50分×2コマ/1日)
◆教科:国語・算数・英語・理科・社会
    (週1日・2日授業→国算英から選択
     週3日・4日授業→国算理社英から選択)

習い事と両立できる<サクシードコース>の案内はこちらをクリック

指導科目について

国語 長文問題で読解力を身につける!

国語の真の力は「文章を読む能力」にあります。その能力の高さは、他の教科の学習にも大きなアドバンテージとなります。それゆえ、基礎学力をつける必要のある小学生の授業では、最も重要な教科となります。

  • 小学1~3年生の指導目標
    • 「音読」を取り入れ、文を「正しく読むこと」が出来るように指導します。
    • 「書き取り」学習を通じて言葉に対する理解を深める指導をします。
    • 文章を理解するための「読解力」、そして、自分の考えをまとめ、それを発表できる「表現力」がしっかりと身に付くように指導します。
  • 小学4~6年生の指導目標
    • 文学的文章での「登場人物の心情、場面の状況」をとらえる指導をします。
    • 説明的文章での「筆者の意見や主張などの内容把握」をとらえる指導をします。
    • 文章の表現方法、指示語の内容、段落構成など読解問題を指導します。
    • 文章全体の内容を自分の言葉でまとめていく「要約力」を養成します。
    • 漢字や語句の学習、国文法などの国語知識を身につける指導をします。

なお使用するテキストは、学校で習う文章とは異なる、読解力を高めるための教材となります。

算数 思考力を養う文章問題で実力をつける!

算数で求められる力は、速くて正確な計算力だけではなく、その裏打ちされた技能をもとに行われる、文章題などの応用問題を解く力です。この理論的に解答を導き出す「思考力」を養うことが、算数学習の最も重要な目標となります。

  • 小学1~3年生の指導目標
    • たし算・ひき算・かけ算・わり算の計算が、速く正確に出来るように指導します。
    • 「文章題」を読み取り、答えを出すための立式が確実に出来るように、時間を掛けて指導します。
    • 長さ、重さ、時間などの単位を十分に理解し、単位換算がスムーズにできるように指導します。
  • 小学4~6年生の指導目標
    • 小数や分数などの計算を速く正確に行うために、正しい「途中式」の書き方を指導します。
    • 割合、速さ、比、比例といった「中学校でも使う学習内容」を、基本から応用まで重点的に指導します。
    • 問題演習不足をなくすため、良問を大量に解く時間を作って、「算数好き」になる指導をします。

なお使用するテキストは、学校レベルから、私立中学入試に対応した問題までカバーします。

理科・社会 中学の学習につながる「分析力」を習得する!

理科・社会の学習の本質は、単なる用語の暗記ではありません。実験や観察で得たデータ、資料やグラフから読み取った内容から正しい知識を導き出す力です。しっかりとした「分析能力」を備えて、はじめて中学・高校での学習に対応できます。

  • 理科・社会の指導目標
    • 実験や観察、資料や図表を用いた問題を多く解き、「分析」する力を養います。
    • 新しく習う用語は、その意味を確認して覚えるように指導します。
    • 小学校での理科・社会学習を、中学校の先取り準備学習期間と位置づけ、定期テストや高校入試の対策授業同様の指導を行います。

英語 無学年制で中学レベルの英語を速習!

2020年度から本格化する小学生の英語学習。中心となる学習内容は「話す」「聞く」能力を身につけることですが、当然その次のステップには「読む」「書く」学習が待っています。英語に慣れ親しむだけではなく、小学生から「文法」も交えた本格的な学習を研修館は推し進めていきます。

  • 英語の段階的な指導目標
    • 「話す・聞く」ことと同時に、「文字を書く」練習をおこないます。
    • 単語や熟語の学習を充実させ、短文形式によるフレージング学習をおこないます。
    • 中学1年生・2年生で学ぶ英文法をいち早く体系的に学習していきます。
    • 英検合格をめざしたカリキュラムを取り入れ、得意科目にしていきます。

※研修館の【中学生クラス】進級後は,今まで習ってきた学習内容の続きで授業スタート。中学・高校と連動した英語学習ができます。